メインキャラクター紹介 ※画像の周りにフレームのあるキャラは画像をクリックすると追加の設定イラスト  が見れます。
耕野知裕(こうのちひろ)
「どうでもいいし」。成績は中(ただしまったく勉強
しない)。うどん好き。
果物が好き(ただし自分で剥かないので結局あまり食 べない)。無気力。名前にコンプレックス。元陸上部 (長距離)。現在帰宅部部長(予算を申請するも断わ られる)。潜在的マザコン(自覚無し)。 競争が(優劣を決めるのが)嫌い。ダメ人間(自覚有 り)。メガネ。
宮森香織(みやもりかおり)
なんとなくお嬢様然とした雰囲気を備えてるために、
いい子に見られるのがずっとコンプレックスだった。
そこらへんもあってさりげに援交経験者(10人20
回程度)。ただし基本的にカラダ無しの方で。
中2の時に知裕とは淡い交際をしていたが、お互い気
を使いすぎて何もなく自然消滅した。知裕に嫌われて
いると思いこんでいるが、まだ気になってはいる(お
互い同じ)。結局平凡な自分が嫌い(何が非凡かもわ
かってはいないが)。家でも自分だけが浮いた存在だ
と感じている。メガネ。
大村いろは(おおむらいろは)
先天性の心疾患アリ。そのせいで1年の時に留年。
感情を表に出すのが苦手(おかげで協調性が無い様に
思われやすい)。心臓補助器(ペースメーカー)を埋
めこんである(胸骨部に薄い手術痕アリ)が、既に2
年前から電池入れ換えを拒否している(留年がきっか
け)。天文部。本来的には面倒見がいいので歌奈を妹
の様に可愛がっている。いつも屋上でポーッとしてい
る。メガネ。
敷島緑(しきしまみどり)
知裕の幼なじみ。「ちひろ」で呼び捨てにされるので
知裕はワリと苦手にしている。言葉きもち乱暴め。
ひねくれもの。「昔知裕と付き合っていたお嬢様」
としての香織に対抗意識アリ。でも自分でも知裕が好
きなのかわからない。半端な独占欲。小さい頃、知裕
のメガネに憧れて暗いところで本を読んだ(本人もあ
んま覚えてないが)。
今でも暗いところで本を読むのを好む。でも実はそん
なに視力は落ちてない。メガネ(好んで)。
大塚留希(おおつかるき)
7年付き合ってきた彼氏(医者)と別れ目的も失った
ので、校門の所に「保健室」と看板を置いて「街の保
健室」を営業(?)している。
ヘビースモーカー。終末の混乱に乗じて元彼から薬品
や注射器も入手してきたのでちょっとした個人病院状
態。ただし基本的に不器用なので注射とか痛い(患者
が)。「いいじゃない、どうせ死ぬんだから☆」が最
近の得意技。酒好き。おでん好き。でも料理はあんま
りしないので結局あまり食べない(主人公と似てる)。
メガネ。
瑞沢千絵子(みずさわちえこ)
中学の時の陸上のコーチに貰ったゴムでいつも髪を束
ねている。「田村亮子」と言われるのは大嫌い。
次女。実家はお好み焼き屋?家庭的な姉にコンプレッ
クス。自分には陸上しかないと思っている。有望視さ
れていた駅伝にて決定的なミスをおかす。家業を継ぐ
事もない。陸上での進学にも自信がない。恋愛もしな
い。終末。突如全ての目標から切り離される。メガネ
(大嫌い)。
稲穂歌奈(いなほかな)
ロリッ子。メガネ。
松原重久(まつばらしげひさ)
年齢飛翔(謎)。風来のヒト。シゲさん。好物は丼物
とパン。いつも食パンを懐へ(謎)。曰、「悲しい時
にはパンを喰え」(楽しい時モ)。終末が近づき、パ
ンの入手が困難なので不満。座右の銘「腹に入れば一
緒」。もともと友人の家を泊まり歩く生活だったが終
末を機に放浪生活(浮浪)にスイッチ。楽観主義者(
本質的には逆だが、深く考えないようにしている)。
自称詩人(なんもしてないけど)。丸メガネ。
竹岡多弘(たけおかたひろ)
開業医のお坊ちゃん。他人を信用するのに時間がかか
る(重久に対してもまだ警戒心アリ)。トロい。麺類
を食べるとむせるので好きじゃない。ワリと猛烈に今
さら反抗期(特に父親)。知裕のクールさを見習いた
いと思っている。成績上の下。負けず嫌い。
とにかく家にいたくないので学校へ。あと、なんだか
んだ言っても医学を志していたので大塚留希を手伝っ
たり。メガネ…じゃない(コンタト?)。
------------------------------------------------------------------------------ 戻る→
(c)1999 Copyright Abogado Powers